別府タワーは結構いい感じでオススメ!格安入場料・展望台・景色・夜景・天空ラウンジ|大分県女一人旅

2019年GW10連休は大分県別府に女一人旅をしてきました。

大分県や別府市に観光で訪れる人は多いと思います。でも多くの人は、湯布院、別府温泉、鉄輪温泉etc…と別府タワーに登ったことがある人は少ないのではないでしょうか。

私もこれまでに10回以上、別府を訪れていますが、今回初めて別府タワーに登りました。

結果、とても良くて隠れた別府の観光名所だなぁと思いました。GWでしたが人も少なく夜景を見ながらのんびり過ごすことができましたよ。

別府駅からも徒歩10分ほどですし、専用の駐車場もあるので、是非訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク

別府タワーはオススメの観光スポットです

(➡️別府タワー【公式】HPより引用)

別府タワー

  • 営業時間:9:00~22:00
  • 定休日:水曜日
  • 料金:大人300円、小・中学生200円、小学生未満無料

展望台への入場料金が300円とは格安ですよね。

令和元年(2019年)5月1日以前は、大人200円だったそうです。別府タワーの公式HPでは、値上げの理由について丁寧な説明・お詫びが記載されていますが、300円でも十分に安いと思います!

GW中だったので、入場できないくらい混雑しているか事前にお電話したのですが、対応してくれた方もとても親切でしたよ!

お得な前売りチケットも販売されています。事前にインターネット、スマートフォンなどから購入すれば、料金が割引になったり、割引クーポンがついてきます。

➡️お得な前売りチケットはこちらから

別府市街や別府湾を見渡す景色は絶景です!

別府タワーの展望台からは、別府市外野別府湾を360度、一望に見渡すことができます。

他に高い建物がないので遠くまで見渡すことができて、まさに絶景です!

GWにも関わらず、かなり空いていてテーブルに座りながらゆっくりと夜景を楽しむことができました。

「別府三太郎」というキャラクターが人気だそうで(?w)グッズやお土産も販売されていました。

内藤多仲早大名誉教授が設計したタワー6兄弟

「タワー6兄弟」をご存知でしょうか?

「塔博士」として有名な内藤多仲早大名誉教授が設計された全国6つのタワーのことを指すそうです。

タワー6兄弟

  1. 別府タワー(1957年完成・90m)
  2. 名古屋市の名古屋テレビ塔(1954年完成・180m)
  3. 大阪市の通天閣(1956年完成・103m)
  4. 札幌市のさっぽろテレビ塔(1957年完成・147m)
  5. 東京都の東京タワー(1958年完成・333m)
  6. 福岡市の博多ポートタワー(1964年完成・103m)
  7. 全国の6つのタワーは通称

別府タワーの完成から歴史





別府タワーが完成したのは、昭和32年5月10日です。1957年・・とても古いですね。

「別府温泉観光産業大博覧会」の目玉施設として、当時の地元財界人らが設立した「別府観光開発」が2億8000万円を投資して建設されました。

別府タワーが完成した当初の従業員募集では、数千人の求職者が別府駅前通りまで行列を作ったり、年間90万人の利用客で賑わう大観光スポットだったそうです。

(私が利用した時は、GW10連休という最も繁忙期でも閑散としていたので、勝手なイメージですが現在は年間の利用者はそんなに多くない印象でした。)

現在は、国の「登録有形文化財」に指定されています。

恋みくじもありました!

何故か、展望台には恋みくじがありました。

女一人旅・・恋みくじ・・引くしかありませんよね!!

結果は・・・いい出会いがありますように!w

カフェ・バーのメニュー・料金

写真は展望台のカフェメニューです。

カフェ用のテーブルがあるのですが、ドリンクをオーダーしている人は皆無で、みんなテーブルに座って各々に景色や団欒を楽しんでいました。

別府タワー・観光地としては、とても良心的な価格設定になっています。変なバーでお酒を飲むよりも別府タワーの展望台で一杯ってのもいいかもしれませんね。

展望台の下の階には、バーラウンジのようなお店がありました。

私が訪れた時は、お客さんは誰もいませんでしたが、景色が望める窓沿いにカウンター席があり、いい雰囲気でしたよ。立地がとてもいいと思いました。

夜景も絶景です

のんびりと時間を過ごしていたら、次第に陽が沈み始め、日の入りから夜景までを楽しむことができました。

山側も別府湾側もとても綺麗です。

たった300円の料金で、ここまでのんびりとしたいい時間を過ごせるなんて。。

大分別府の隠れた観光スポットを発見したなっと思いました。

旅行に行かれた際、また地元の方も是非訪れてみてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする