関西空港国際線・JALサクララウンジ体験レポート|ベトナム航空・ANASFC

2017年9月にベトナムハノイに3泊5日で旅行をしてきました。その時に、関西国際空港のJALサクララウンジを利用したので、レビューします。

ANAのSFCの恩恵

関西国際空港からは、ベトナム航空のエコノミークラスを利用したのですが、ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)を保有している恩恵により、JALのサクララウンジを利用することができました。

(何故、サクララウンジに案内されたのかは不明ですが、ベトナム航空がANA・JAL共に提携しており、滑走路に近いサクララウンジを利用させてもらえたのではないかと想像しています。詳しくご存知の方がいらっしゃれば教えてください。)

そのほかにもANAのSFCのおかげで、優先搭乗や荷物のファーストタグ、前方の座席が優先的に割り当てられるなど、エコノミークラスの利用でありながら快適な空港ステイを過ごすことができました。ANAのSFCは一度取得できれば、年会費を払い続ける限り永久に維持されるステータスですので、本当におすすめです。




JALサクララウンジ

2015年7月に、JALサクララウンジは、リニューアルオープンしました。ダイニングエリアを設置して、サラダバーを導入するなど食事や飲み物を充実させています。

平日の午前中に利用しましたが、座席を確保することが困難なほど、混雑していました。でも、お昼に近づくにつれて、空いて、ガラガラになりました。(午前中のフライト予定が遅延したため、お昼頃までラウンジで時間を過ごすこととなりました。)

設備

  • テンキーロック付きクローク
  • パウダーコーナーの新設
  • メディカルチェアを配備

など。シャワーはありません。

スポンサーリンク

お食事&飲み物

空港ラウンジの楽しみと言えば、お食事と飲み物、アルコールにお酒ですよね。

私は、早速、スパークリングワイン、サラダ、おかずに名物のJALカレーをいただきました。写真の上の方に写っているキュービックチーズも美味しかったです。

また、カツサンドやフルーツサンドが目立たないように冷蔵庫にこっそりと陳列されているのですが、とても美味しかったです。すぐになくなってしまっていたので、密かな人気商品ではないかと思っています。

お食事

新鮮なサラダや肉じゃがや焼き魚などの和食のおかず、サンドイッチやクッキーなどの軽食など豊富な品揃えでした。

ソフトドリンク

ファミレスにあるようなドリンクサーバーのほか、冷蔵庫にはトマトジュースや牛乳などがありました。

アルコール

ビールのサーバーのほか、赤ワイン・白ワイン、スパークリングワイン、日本酒、ブランデー、ウイスキーなど一通りのアルコールがありました。

夕食時にはハラル対応メニュー

夕食の時間帯には、ハラル対応のメニューも提供されています。今回は、午前中の利用だったので、詳しく見ることができませんでしたが、良いことですね。

1時間弱ほどゆっくりと朝食をいただき、フライトの時間が近づいてきたので、ラウンジを出てゲートに向かったのですが、なんと、なんと!

「2時間ほどフライトが遅延」と。。




フライトが遅延

「悪天候のためフライトが遅延します」とアナウンスがありました。JALサクララウンジを出てしまったので、ゴールドカードで利用することができるカードメンバーズラウンジ金剛にいきました。

ゴールドカードラウンジ金剛へ

金剛は航空会社のラウンジではなく、カード会社のラウンジなので、無料のサービスは、ソフトドリンクと袋に入った小さなスナック菓子、新聞、雑誌のみだけです。

サービス

  • 無料:ソフトドリンク、新聞・雑誌の閲覧
  • 有料:アルコール飲料

そして、騒がしい人が多いです。この時も持ち込みのビールやお菓子を食べながら騒いでいる団体客などがいて、居心地があまりよくありませんでした。

なので、JALサクララウンジに事情を話して、フライトまでの間、もう一度、利用させてもらいました。(航空会社のラウンジは、1度出た後の再入場は可能なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃれば、教えて欲しいです)。

再びJALサクララウンジ

フライトまで2時間もの時間があれば、飲んでしまいますよね。アルコール。

JALサクララウンジでのお食事&アルコール第2弾は、サラダとクッキーに赤ワインをいただきました。こんなことなら、「もっと朝寝坊できたのに」と思いながら、ゆず蜂蜜のリキュールを炭酸で割って、サワーのようにして、本日3杯目のアルコールをいただいたのでした。

JALのサクララウンジについて、詳しくはJALのHPをご確認ください。

ANAのSFC

今回は、ベトナム航空のエコノミークラスを利用しています。しかもHISツアーを利用した3泊5日で15万円ほどの格安旅行です。それにも関わらず、ANAのSFCを保有しているおかげで数多くの恩恵を受けることができました。

航空ラウンジの利用

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)を保有している恩恵により、行きしなの関西国際空港ではJALのサクララウンジを利用することができ、帰りしなのハノイ・ノイバイ空港ではベトナム航空のビシネスラウンジを利用することができました。

行きしなはフライトが遅延したのでラウンジが利用できて本当に有り難かったです。帰りしなは深夜のフライトだったので、一日遊んだ後でシャワーをしてサッパリして、飛行機に乗ることができました。

優先レーンでのチェックイン

航空会社のチェックインカウンターは混雑していることが多いです。今回はまだマシな方でしたが、GWに沖縄に行った時のチェックインカウンターにはすざましいほどの行列ができていました。旅行中の貴重な時間をチェックイン待ちに使うことは、とてももったいないです。

優先レーンでチェックインすることができれば、ギリギリまで現地で遊んでから空港に向かっても大丈夫ですし、空港のラウンジでゆっくり過ごすこともできます。「待つ」という時間の無駄を解消してくれます。

荷物のファースト・タグ

預け入れの荷物には「ファースト・タグ」をつけてもらうことができます。このタグがあれば、到着した空港で、いち早く荷物を出してもらうことができます。到着レーンで、荷物を待つ時間ももったいないですよね。そんな時間のロスを解消することができます。

そのほかにもANAのSFCのおかげで、優先搭乗や前方の座席が優先的に割り当てられるなど、エコノミークラスの利用でありながら快適な空港ステイを過ごすことができますよ、

ANAのSFCは一度取得できれば、年会費を払い続ける限り永久に維持されるステータスですので、本当におすすめです。




※2017年9月時点の記事となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする