ベトナム・ハノイのノイバイ国際空港ビジネスラウンジ体験レビュー|ANASFC

ハノイ・ノイバイ国際空港

アクセス

ハノイ市内からノイバイ国際空港は、約30kmです。

空港へのアクセスは、タクシー、エアポートバス、路線バスなどがあります。メーター制のタクシーで約35分〜、料金は35万ドン〜が目安となります。

そのほかにもHISやJTBなどの旅行会社のツアーバスを利用する方法もあります。

スポンサーリンク

航空会社のラウンジは2つ

ベトナム・ハノイのノイバイ国際空港には、航空会社のラウンジが2つあります。

  1. ベトナム航空ラウンジ:スカイチームで利用できます。
  2. ビジネスラウンジ:ANA・JALの指定ラウンジです。

今回は、ベトナム航空のエコノミークラスを利用しましたが、ANASFC(スーパーフライヤーズカード)があったので、2のビジネスラウンジを利用しました。

プライオリティパス

ノイバイ国際空港には、プライオリティパスで利用できるラウンジはありません。

ビジネスラウンジ体験レポート

ビジネスラウンジの利用条件

  1. ANA:プラチナ(SFC:スーパーフライヤーズカード)以上で、本人+同行者1名
  2. JAL:サファイヤ(JGC:JALグローバルクラブ)以上で、本人+同行者1名も可能
  3. その他、指定航空会社のステータスやビジネスクラス搭乗社

私は、今回は1.ANASFC(スーパーフライヤーズカード)で利用することができました。

チェックイン

ANASFCがあるので、優先レーンでチェックインをすることができます。ベトナム航空のカウンターに行き10分ほどで、チェックインが完了しました。

上の写真のイビテーションを受け取り、早速、ビジネスラウンジに向かいます。ハノイ空港のビジネスラウンジの利用は初めてだったので、ワクワクしていました。

混雑具合

深夜便の利用でしたが、ビジネスラウンジ内は非常に混んでいました。ハノイから日本への飛行機は深夜便が多いからだと思います。

満席に近い状態でしたが、席を確保して早速シャワーに向かいます。

シャワーブース





1日ハノイ市内を観光して汗をたくさんかいていたので、早速シャワーブースに向かいます。

シャワーブースは2つ

シャワーブースは、女性用男性用それぞれ2つずつです。ラウンジ内は混雑していたのですが、シャワーは待つことなく利用できました。

シャワーブーズは上の写真をご覧ください。簡素な感じですが、水滴などもなく綺麗に掃除されていました。

脱衣スペース(アメニティも豊富)

シャワー手前の脱衣スペースにタオルや石鹸、シャンプー、リンスなどが準備されています。そのほかには、シャワー中に使用すると思われるビーチサンダルのような履物もありました。

シャワーを出て共有の洗面スペースには、ドライヤーや歯ブラシなどもありました。

深夜便だったので、搭乗前にシャワーが浴びれてよかったです。汗を流して、さっぱりして、飛行機ではぐっすり眠ることができました。

お食事も豊富

食事

フルーツやサラダ、フォーや揚げ春巻きなどのベトナム料理、パスタやチキンなどの洋食もたくさんありました。(ハロン湾で宿泊したDCホテルの朝食よりもずっとメニューが豊富でした笑)

飲み物・アルコール

冷蔵庫には、ソフトドリンクやビールがたくさんありました。また、バーコーナーもありウイスキーにワイン、スナックもありました。(私は、日本に到着したら朝からすぐに仕事に行かなくてはいけなかったため、アルコールが飲めなかったことが本当に残念でした。)

ビジネスセンター

パソコンやプリンターも設置されています。

食べたもの

フルーツとヨーグルト

南国フルーツが大好きな私は、最後の最後までフルーツをいただきました。写真は、スイカとドラゴンフルーツ、ヨーグルトです。

パクチーたっぷりフォー

(この写真、載せるかどうか本当に悩んだのですが、載せちゃいました。私、香草が本当に大好きで、コリアンダー・パクチーを大量に入れてしまいました。お恥ずかしい限りです。笑)

最後のお食事は、パクチーたっぷりのフォーで締めることにしました。フォーはセルフ方式のインスタントでしたが、普通に美味しかったです。

  1. お皿に準備されたフォーにスープをかける!(確か、鳥出汁と塩出汁の2種類のスープが準備されていたと思います。)
  2. 鶏肉などの具材を入れる(この大量パクチーの下にたっぷりのお肉が隠れています)
  3. パクチー、唐辛子などをお好みで♩

関連記事関空JALサクララウンジ体験レポート|ベトナム航空・ANASFC

ANAのSFC





今回は、ベトナム航空のエコノミークラスを利用しています。それにも関わらず、ANASFCを保有しているおかげで数多くの恩恵を受けることができました。本当にオススメのカードですよ。

航空ラウンジの利用

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)を保有している恩恵により、関西国際空港ではJALのサクララウンジを利用することができました。ハノイ・ノイバイ空港ではベトナム航空のビシネスラウンジを利用することができました。

優先レーンでのチェックイン

航空会社のチェックインカウンターは混雑していることが多いです。優先レーンでチェックインすることができれば、ギリギリまで現地で遊んでから空港に向かっても大丈夫ですし、空港のラウンジでゆっくり過ごすこともできます。「待つ」という時間の無駄を解消してくれます。

荷物のファースト・タグ

預け入れの荷物には「ファースト・タグ」をつけてもらうことができます。このタグがあれば、到着した空港で、いち早く荷物を出してもらうことができます。到着レーンで、荷物を待つ時間ももったいないですよね。そんな時間のロスを解消することができます。

そのほかにもANAのSFCのおかげで、優先搭乗や前方の座席が優先的に割り当てられるなど、エコノミークラスの利用でありながら快適な空港ステイを過ごすことができますよ、

ANAのSFCは一度取得できれば、年会費を払い続ける限り永久に維持されるステータスですので、本当におすすめです。




※2017年9月時点の記事となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする