下呂温泉高級旅館【川上屋花水亭】に宿泊した幸せ体験レポート|女ひとり旅

2017年1月に、『下呂温泉旅館 川上屋花水亭』露天風呂付きスイートルームに宿泊しました。

「川上屋花水亭」は、温泉街から少し離れた飛騨川沿いの伝統的な日本の旅館で、料理とおもてなしが素晴らしかったです。

人生で1番幸せな時間でしたので、宿泊体験レポートを書きますね。思い出すだけで幸せな気持ちになれるような、そんな時間でした!

川上屋花水亭

川上屋花水亭は昭和7年(1932年)に創業した老舗の高級旅館です。

到着すると、ロビーでお抹茶と干菓子を振舞ってくれました。素敵な調度品などが飾られていて、趣ある素敵な空間です。

露天風呂付きスイート「菊」

(引用元:川上屋花水亭HP

宿泊したのは、「露天風呂付きスイートルーム「菊」」です。

本間8畳に次の間4.5畳、お風呂はまず内風呂の桧内風呂があり、総檜の浴室を出ると、大きな石を2つに割り、それぞれくりぬいた浴槽の露天風呂があります。

お部屋からは飛騨川・坪庭の眺望が素敵でした。

スポンサーリンク

部屋からの眺望

お部屋からは飛騨川を眺めることができます。気候が良い季節には、お庭でコーヒーを飲むのもいいですね。

(温泉付きスイートルームでなくても、旅館の中にウッドデッキがあるので、景色を楽しみながらのんびり過ごすことができると思います。)

桧内風呂

洗面台から脱衣所に入ると、まずは内風呂があります。この桧内風呂だけでも、とても広くて素晴らしいです。

露天風呂

総檜の浴室を出ると、大きな石を2つに割り、それぞれくりぬいた浴槽の露天風呂があります。

正直に申し上げると、源泉がとても熱くて、加水して温度を調節しました。結構な重労働でした。

お部屋の露天風呂だけでなく、貸切露天風呂「飛之湯泉」、露天風呂「河原の湯」、内湯大浴場など、川上屋花水亭の温泉を全制覇しました。

お水やお茶の気配りも有難い

部屋のお水やお茶セットなどは、頻繁に交換してくださり、気持ちよく過ごすことができました。雪が積もる寒い季節ではありましたが、温泉で水分が失われるのか、冷たいお水が美味しかったですよ。




夕食

お料理は月替わりの献立で、11~13品です。

個室の食事処でいただきました。極上の「飛騨牛」をはじめ四季折々の飛騨の素材を活かした会席料理で、本当に最高のディナーでした。

レビュー

岐阜の地ビール飲み比べや日本酒などと共に、いただきました。

飛騨牛のしゃぶしゃぶ

とろけるほどのサシが入った飛騨牛。最高に美味しかったです。

最後に厳しいことを言うと、お料理を提供する際に、お料理の説明がなかったことが残念でした。お品書きもなく、スタッフの方に尋ねても、分からないような様子でしたので、しつこくは聞きませんでしたが、旅館やお料理、そのほかのサービスが良かっただけに、残念に思いました。

夜食

夜は美味しそうなオニギリと岐阜名物の伽羅蕗(きゃらぶき)の夜食を用意してくれます。とても美味しそうだったのですが、夕食でお腹がいっぱいだったため、頂くことができませんでした。

本当に美味しそうだったので、もったいなかったです。夜食かチェックアウト後にランチボックスのように持ち帰りか、選択できればいいのになっと思いました。

こだわりの米、銀の朏(みかづき)

川上屋花水亭でいただいたお米は、「銀の朏」という特別なお米だそうです。一粒一粒が大きく、とても美味しかったです。

飛騨産極上米!「銀の朏(みかづき)(白米)」5Kg 29年度産新米「全国食味分析鑑定コンクール」4年連続金賞受賞米!

「銀の朏(みかづき)」は、岐阜県飛騨地域で、低農薬で科学肥料を一切使用せずに栽培されているお米で、全国のコンクールで多数受賞経験があります。

両親へのお土産に、「銀の朏」を送りましたが、とでも評判が良かったです。お米好きの人には、是非、食べてみてほしいです。




朝食

朝食は、夕食と同じレストランの個室でいただきます。

メニュー

特産の最高級米「銀の朏」が本当に美味しかったです。白米の他にも、おかゆが選べたりもしました。

お部屋のコーヒー

お部屋にあるコーヒーマシンで入れたコーヒーがとても美味しかったです。200円でドリップをお代わりできるとのことだったので、お代わりして、チェックアウト前にゆっくりとくつろぐことができました。

館内の温泉

最後に、私が全制覇した川上屋花水亭の温泉を紹介します。

貸切露天風呂 飛之湯泉

総檜木の浴槽に東屋も備えた貸切露天風呂です。

  • 時間:14:30~21:00(1回40分)
  • 料金:無料(一部プランでは有料)
  • 温度:41~42度

チェックイン時に、予約をします。プランによって異なりますが、基本的には無料で貸切露天温泉を利用することができます。

決して広くはありませんが、2〜3人で入るには十分な広さで良かったです。

河原の湯




山々の稜線を借景に澄んだ空気の中、ゆっくりと温泉を楽しむことができます。

  • 浴槽素材:石
  • 給排湯:一部循環ろ過併用
  • 浴槽温度:41~42度

衛生管理のため、一部循環ろ過を併用しているようですが、湯口からは常に新湯が供給されています。

私は、朝一番に利用しましたが、誰もおらず貸切状態でとても気持ちが良かったです。女湯と男湯が隣同士になっており、男湯から聞こえる話し声に、なんだかほっこりしました。

旅館から一度外に出て、脱衣所まで外を歩く必要があるので、湯冷めには注意が必要ですが、お部屋の露天風呂の次に気に入ったのでが、この露天風呂「河原の湯」です。

内湯大浴場

  • 浴槽素材:御影石
  • 給排湯:掛け流し
  • 浴槽温度:41~42度

お風呂の設備自体は普通の内湯ですが、単純温泉に勝るものはないでしょう。加水・加温・循環がされていない100%掛け流しの温泉となっています。

下呂温泉について

  • 泉質:アルカリ性単純温泉 (pH9.1)
  • 効能:神経痛・疲労回復・筋肉痛・美肌効果・健康増進

休憩場所

マッサージチェアーやドリンクが準備されているお風呂上がりの休憩所がありました。

リピート決定!

川上屋花水亭は、全16室しかない高級旅館です。そのため、花水亭の温泉が混雑することもありませんし、マナーの悪いお客さんと遭遇することもありません。

日常を忘れて、ゆっくりとした時間を過ごすにはもってこいの旅館だと思いました。

もうすでに次の宿泊予定を考えています。皆様もぜひ、下呂温泉に行かれる際には利用してみてくださいね!私は、川上屋花水亭が大好きです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする