【ハノイ大衆食堂ビンサン】ベトナム人にも大人気な「ニュー デイ(New Day Restaurant)」がおすすめ

2017年9月にベトナムハノイに3泊5日で旅行をしました。

旅行中にすっかりハマってしまったのが、「ビンサン」と呼ばれる大衆食堂です。

今回は、特に美味しかったお店「ニュー デイ(New Day Restaurant)」をご紹介します。

スポンサーリンク

ニュー デイ(New Day Restaurant)

旧市街のど真ん中、お土産物屋さんが立ち並ぶMa May通りにあるローカル食堂です。旧市街、ハノイ大教会から徒歩12分ほどの距離に位置しています。私は、タクシーで向かいましたが、スムーズにお店の前で降ろしてくれましたよ。

旧市街という土地柄か英語のメニューもあり、英語を話すことができる店員さんが1人いました。レストラン形式で席に座っての注文もできますし、店頭での指差し注文もできます。

地元の方も多く、ローカルな雰囲気を味わえる大衆食堂でありながら、英語が話せる店員さんがいるなど、旅行客にはオススメのお店です。

お料理

コムビンサンがオススメです

コムビンザンとは、ご飯が盛られたお皿に、店頭に何種類も並ぶベトナム家庭料理から、好きなおかずを選んでのせる、いわゆるワンプレートスタイルです(写真は、2人で利用したため別盛(コムディア)で準備してもらいました)。

野菜やお肉、魚の炒め物や煮物など、ベトナムの一般家庭で食べられているおかずばかりです。おかずの種類によって値段が変わりますが、リーズナブルな値段で楽しむことができます。

関連記事ローカル食堂「ビンサン」での注文方法

私は、オススメを聞きながら注文しました。左上から料理を紹介していきます。正式な名称は分かりませんので、私的なネーミングです!(ご指摘あればよろしくお願いします)。

・揚げ出し豆腐

日本でいう厚揚げのような揚げ出し豆腐のようなおかずです。

・牛肉の葉巻

牛肉のミンチをロットの葉で包んで焼いたボーラーロットという有名な食べ物です。ロットの葉は消臭作用があるそうです。癖もなく食べやすかったです。

・焼豚

・鳥炒め

・キャベツ炒め

素朴なアッサリとしたお味で美味しかったです。

その他のオススメのメニュー

今回、私はいただきませんでしたが、日本人旅行客にはアヒルお肉やフォーや春巻き、魚のあんかけなどのセットメニューが人気とのことでした。

例えば、牛肉のフォー、ハノイ式揚げ春巻き、白い御飯、メイン、デザートが付いたボリューム満点のランチセットが5USD・110,000VND程度でした。

※最新の情報についてはご自身でご確認ください。

店内

店頭に近い席にはベトナム人、外国人は奥のテーブルに案内されていました。私が利用した時は、他に日本人はおらず、西洋人の方ばかりでした。

英語を話せる店員さんが外国人向けのテーブルを担当しており、フレンドリーにコミュニケーションをとってくれました。テーブルて注文するようにメニューを渡されましたが、店頭で注文したかったので、店頭で注文しました。

料理教室も開催されています

このレストランではベトナム料理教室も行われています。ベトナム旅行の思い出にベトナム料理を習ってみるのも良いですね。

関連記事ローカル食堂「ビンサン」での注文方法

関連記事現地で大人気のレストラン「モッチンボンサウ」

関連記事インターコンチ・ハノイのお部屋や施設をご紹介

関連記事インターコンチ・ハノイの朝食ビュッフェは最高でした!

関連記事関西空港国際線・JALサクララウンジレビュー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする