【ベトナム】HISツアーでハノイ伝統芸能・水上人形劇|公演時間・チケット・ツアー

ベトナムを代表するエンターテイメントである水上人形劇。

水上劇のクオリティ自体は決して高くないかもしれませんが、

水上人形劇では、これまでに観光した歴史ある観光地などが再現されていることが、とても楽しかったです。

それでは、タンロン水上人形劇の公演時間やチケットの買い方、値段、私の感想をご紹介します。

タンロン水上人形劇(Mua Roi Nuoc Thang Long)

1000年以上も昔から伝わる水面を舞台にして繰り広げられる人形劇です。

元々はベトナム北部のタイビン省の農民たちが、収穫の祭りなどの時に演じていたのが始まりと言われています。

11〜15世紀(李朝、陳朝)の頃には、娯楽として、宮廷にも広まったと言われています。

  • タンロン水上人形劇(Mua Roi Nuoc Thang Long)
  • 住所:6 Hàng Đậu, Hàng Bạc, Hoàn Kiếm Hà Nội
  • 電話番号: 84 4 38249494 – 38255450
  • Email:thanglong.wpt@fpt.vn

スポンサーリンク

人形劇場(チケット・公演時間・値段)

チケットの購入

座席は全席指定席です。劇場横のチケット窓口で購入することができますが、前方の席は旅行会社が押さえていることが多いです。

  • チケット購入窓口は8:30~20:30

HISやJTBなどの旅行会社を通してチケットの予約・購入をすることもできます。

値段

  • ファーストクラス10万ドン
  • セカンドクラス6万ドン

ファーストクラスでも10万ドン(約500円)とは、お安いですね。観光の中心である旧市街にあるので、休憩がてら気軽に観るのもいいと思います。

公演時間

1日5回の公演です。

  • 15:00~
  • 16:10~
  • 17:20~
  • 18:20~
  • 20:00~

※チケット購入窓口は8:30~20:30

劇場

1956年、ベトナムの国民的英雄、ホーチミン主席が子供達のために建設した劇場です。何度も修繕、改修がなされ、今も大切に使われています。1階にはカフェ、2階には、水上人形劇のレプリカ人形などが販売されています。

お手洗い

劇場内、1階のカフェにお手洗いはあるのですが、何時間も待たなければならなさそうなほどの行列です。そのため、私は、水上劇場の隣にあるカフェを利用して、お手洗いを済ませました。




ストーリー解説

舞台は、3〜5分の短い話が14話で構成されています。民話、習慣、伝説、民族的な話がベトナムの伝統楽器の音色とともに、水上の人形によって演じられます。

そのため、旅行の初日ではなく、ハノイ観光を終えた旅行の最終日など、ある程度ベトナムの歴史や文化について、知識を知った上で、観た方が楽しめると思います。

言葉がわからなくても、そのコミカルで繊細な人形の動きに見入ってしまいます。

開幕

伝統的な楽器共同演奏

オープニングは、ステージ左手から楽器の演奏でスタートします。伝統的な音色に、水上劇の世界に引き込まれました。

水上人形劇

解説者・人形の上奏

タンロン祭りの上奏

タンロン城の祭りの時に、王様に捧げるために演奏された太鼓の音色が響きわたります。綺麗な音色に、聞き入りました。

龍踊の上奏

牧童の笛

農村の生活風景

蛙釣りの上奏

家鴨を侵した狐を追放する劇

家畜のアフルを狐から守ろうとする夫婦の奮闘を描いています。妻に急がされながら、狐を退治したものの、実は、狐がまだ生きていて、大パニックになります。

魚釣り・漁獲

夫婦が小さな船で魚釣りをします。二人で協力して魚を取ろうとします。失敗続きの夫に対して、妻だけはしっかり魚を捕まえます。テンポの良いコミカルな動きで、とても楽しいです。会場も笑い声があふれていました。

フォーク演奏

鳳凰の踊り

黄金に輝く2匹の鳳凰が求愛をして、卵が産まれて、やがて卵がかえるというストーリーです。2匹の鳳凰の姿が優雅で美しいです。卵がかえるシーンでは、拍手喝采でした。

Le Loi王様の還剣の伝説

「ホアンキエム湖の伝説」を再現した演目です。

1428年、Le Loiは、湖に住む亀から授かった宝剣で明軍を倒して、ベトナムを中国の支配から解放しました。ようやく平和が訪れた頃、再び亀が姿を現し、剣を返すように掲示され、湖の中の小島(ホアンキエム湖の亀の塔)で剣を奉還したという伝説を再現しています。

麒麟の踊り(きりんは中国神話の中では伝説の動物)

仙女の踊り

水上人形劇の中で最も美しく幻想的なシーンです。8人の仙女がまう、まさにクライマックスにふさわしい幻想的な世界です。

四霊獣の龍・鳳凰・麒麟・亀の踊り

自然・幸福・長寿・健康を象徴する龍、鳳凰、亀、獅子の四霊獣が、火や水を吹きながら水上を駆け巡ります。

どういう仕組みで人形は動いているの?

29 地球の歩き方 aruco ハノイ 2019~2020 (地球の歩き方aruco)

写真のように、舞台の裏で、タンロン水上人形劇団の方が、水の中から人形を動かしています。

人形を動かす劇団員の人は、しかも長い棒の先につけられた水上人形を、人形が見えない状態で、動かしています。

それで、あんなにもコミカルで繊細な動きを表現できるなんて、素晴らしいと思いました。

ベトナムハノイを旅行する際には、是非、行って観てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする