【箕面紅葉とランチ】北摂スパイス研究所でカレー食べた体験談レビューブログ

行列必須の大人気店「北摂スパイス研究所」でランチしました!!!

ランチのお値段は、1,000円前後ですので、箕面の滝や紅葉など観光客の方にもオススメのお店です。

写真たっぷりで体験談レビューしますので、是非、最後まで読んでくださいね!

【箕面紅葉とランチ】北摂スパイス研究所でカレー食べた体験談レビューブログ

スパイスカレーの人気店「北摂スパイス研究所」は、箕面駅から徒歩1〜3分くらいの場所にあります。箕面の滝とは反対側に歩くとスグですよ。

テレビでも何度も紹介されている人気店ですので、ワクワクが高まります。

私が訪れた時点で、5組待ちくらい。食事を終えて退店する時も5組ほどの待ちでしたので、本当に人気のあるお店なんでしょうね。

(ウェイティングの運用方法に対する不満は最後に書かせていただきますね。)

スポンサーリンク

北摂スパイス研究所のオススメランチメニュー

3種あいがけが1,100円、2種あいがけが900円とお手頃な価格です。

いずれにも「自家製ピクルス」、「アチャール(インドのお漬物)」、「本日の付け合わせ」は付いてきます。

他にもお好みのトッピングができるのも嬉しいポイントですね。

箕面の滝にいく道のりにあるレストランはどこもランチ2,000円〜くらいのお値段設定ですので、ランチを節約したい人にもオススメかもしれませんね。

3種あいがけ大盛り&たまチーセットを注文

私のいただいた「3種あいがけ大盛り&たまチーセット」の写真です。

下半分が野菜カレー、左上がキーマカレー、右上が本日のカレー(この日は海老カレー)となっています。

おそらく、上側を2種類にするか1種類にするかによって、3種あいがけ1100円あるいは2種あいがけ900円の違いになるのではないかと思います。

私は、今回は初めてだったことと、頻繁に行くことができないので、この日は3種あいがけカレーにしましたが、リピートするなら2種あいがけでもいいかなぁと思いました。

北摂スパイス研究所の味の感想

正直、全く辛くありませんので、辛いのが好きな人には物足りないと思います。

実際、私は激辛好きですので、刺激が足りないかなぁと思いました。

私は、旧ヤム鐵道やポンカラカレーが大好きなのですが、

旧ヤム鐵道ほどのスパイス感はなく、ポンガラカレーのようなしっかりとしたゴロゴロ具材感もありません。コロンビアエイトのような特質的な感動もありません。

逆に言えば、日常的に、仕事中でも食べられるような、無難な、煮込み料理のようなお味です。

番人受けすると言えばそうなのでしょう。

ただ、ガッツリとしたスパイスカレーを楽しみにしている人には、物足りないと思います。。

個人的には、北摂スパイス研究所のためだけに箕面に行くことはないかなぁ。

辛さを追加・変更できるといいのですが・・・。

行列と待ち時間について

私は、週末の13時頃に行ったのですが、5組待ち、30分強程度の待ち時間でした。

ただ、ウェイティングの案内方法には、かなり不満を感じました。

店前の案内には「名前を書いて、列に並んでお待ちください」と書いてあります。

私は、そのルールに従い、店の前で並んで待ちました。

でも、名前だけ書いて、どこかに行っていた人たちが戻ってきて、割り込む、割り込む。

列にいなくて順番を飛ばされた人が戻ってきた場合には、当然のように割り込ませていました。

名前だけ書いて列に並ばない人が戻ってきた際に先頭に割り込ませるのであれば、そのように全てのお客様に案内してほしいのです。

「店前に並んでお待ちください」と書いておきながら、店前に並んでいない人を割り込ませるのであれば、「店前に並べ!」と書かないでほしいのです。

ルールを守らなかった人が得をするような運用は、とても嫌いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする