完全版【下呂温泉1泊2日旅ブログ】川上屋花水亭に宿泊して温泉・グルメ・観光を満喫!|2017年1月

2017年1月に下呂温泉に行ってきました。

下呂温泉有数の川上屋花水亭に宿泊して、グルメや温泉を存分に堪能しました。

本当に本当に幸せな温泉旅行でしたよ!

1日目

スポンサーリンク

ワイドビュー飛騨

新大阪から下呂への電車は、以下の3通りがあります。

  • 新大阪→名古屋→下呂(新幹線+ワイドビュー飛騨):片道9,780円(2時間30分)
  • 新大阪→下呂(ワイドビュー飛騨):片道7,330円(3時間30分)
  • 新大阪→下呂(青春18切符):約2,000円(4時間30分)

1番早くて高いのが、新幹線で新大阪から名古屋、名古屋からワイドビュー飛騨で下呂に向かう方法です。

乗り換えが面倒な方は、新幹線+ワイドビュー飛騨より1時間余分にかかってしまいますが、1日に1本だけ運行している新大阪発のワイドビュー飛騨を利用すればいいでしょう。

普通電車を乗り継ぐ青春18切符でも4時間30分の道のりなので、頑張れば日帰りも可能です。

下呂駅に到着

JR下呂駅を降りると、駅前に温泉案内所があります。この温泉案内所で、下呂温泉街のマップや割引クーポン券をもらうことができますよ。

下呂温泉の中心街までは、少し距離がありますが、てくてく歩きました。ご高齢の方や体の不自由な人はタクシーを使うと便利だと思います。駅前にタクシーが何台か停まっていました。

ランチ

12時前に下呂駅に到着したので、早速、腹ごしらえに向かいました。

あらかじめガイドブックや下呂ブログで調べておいた「宴蔵」に行きました。「宴蔵」は下呂市役所の前、木曽屋の隣にある下呂の郷土料理がいただける食事処です。飛騨牛や飛騨とん(豚)、B級グルメのトマト丼、郷土料理の「鶏ちゃん」、朴葉味噌焼きなどお食事から飲みまで楽しむことができる素敵なお店です。

私はは、「ケイちゃんランチ」をいただきましたが、とても美味しかったです。店内は広々としていて、ゆっくりとお食事を楽しむことができました。

関連記事【宴蔵】郷土料理「鶏ちゃん」ランチ食べたよ

足湯

宴蔵」でランチを食べた後は、近くにある足湯で休憩しました。

街中にたくさん足湯があり、寒い冬には最高でした。女性の方は、ストッキングなどを履いていたら足湯に入りにくいので、工夫が必要ですね。

観光客は多くなく、地元の方がのんびりとしてらっしゃったりと、ゆっくりとした時間が流れいました。

下呂温泉・温泉寺




下呂温泉の中心街を歩くと、この下呂温泉 温泉寺があります。温泉寺は、少し高台にあり、日頃運動不足の私には、上り坂・階段が辛かったです。

でも、最高の見晴らしで、下呂の町を一望することができます。おすすめのスポットです。

下呂温泉は、一千年以上の歴史があると言われれいますが、この温泉寺にも長い歴史があります。

本堂には、これまで湯治客がお籠りし、湯治の末、無事病気平癒した人達の残した絵馬が数多く残されているそうです。残念ながら願い叶わずこの地で命耐えた人達の過去帳も残っています。(公式のHPはこちらです➡️温泉寺の公式HP

川上屋花水亭にチェックイン

高級旅館「川上屋花水亭」に宿泊するので、15時のチェックインに合わせて、旅館に向かいました。JR下呂駅、下呂温泉の中心街からは少し離れていますが、静かな風情を楽しむことができる素敵な旅館で、本当に、人生で1番幸せな時間だったと言っても過言でないほどの体験でした。

関連記事下呂温泉高級旅館【川上屋花水亭】に宿泊した幸せ体験レポート

露店風呂付きのスイートルームに宿泊したので、早速お部屋の露天風呂に入って、貸切の家族風呂に入って、再びお部屋の露天風呂に入って…夕食までの時間に、なんども温泉を楽しみました。

夕食

夕食は、食事処の個室でいただきました。感動的に美味しかった「飛騨牛のしゃぶしゃぶ」の写真を載せました。口の中でとろけました。

関連記事下呂温泉高級旅館【川上屋花水亭】に宿泊した幸せ体験レポート

お夜食には、おにぎりと山菜の佃煮(キャラブキ)の夜食もいただきました。

川上屋花水亭でいただいたお米は、「銀の朏(みかづき)」という特別な白米だそうです。米粒が大きくて旨味が詰まっていて本当に美味しかったです。

2日目

川上屋花水亭




この日も川上屋花水亭の温泉を存分に楽しみました。お部屋の露天風呂はもちろん、家族風呂、露天風呂、内風呂と、全ての温泉を制覇しましたよ。

このお部屋に住むことができれば、どんなに幸せだろうかと、思いました。

朝食

朝食は、前日の夕食と同じ個室でいただきます。「銀の朏」のお米はとても美味しかったですし、下呂名物の朴葉味噌焼きなどをいただくことができました。

関連記事下呂温泉高級旅館【川上屋花水亭】に宿泊した幸せ体験レポート

お部屋でのんびり

チェックアウトの時間ギリギリまで、お部屋でくつろぎました。部屋にあったコーヒーマシーンで入れたコーヒーがとても美味しかったです。

お部屋からは飛騨川などの眺望を楽しむことができました。

これにて、下呂温泉高級旅館【川上屋花水亭】をチェックアウトして、下呂の町に出かけます。

蕎麦料理「仲佐」

蕎麦好きの人には、是非「仲佐」に行ってほしいです。開店前から行列ができていたので、できれば、開店前に行くようにしたいですね。

関連記事蕎麦好き必食『仲佐』でランチしたよ!|女ひとり旅

合掌村

私は、下呂温泉街から徒歩で、合掌村に向かいましたが、上り坂徒歩20分は本当にキツイです。下呂温泉 合掌村公式HPには徒歩20分と記載されていましたが、実際には30分以上歩いたと思います。そして延々と上り坂です。

そのため、私は、バスか車、タクシーを利用することをおすすめします。

駐車場:200台の無料駐車場があります。

バス:JR下呂駅前、濃飛バスセンターから合掌村線「合掌村・下呂交流会館」行き、
「合掌村」下車バス約6分(大人片道100円・小人50円)

詳しくは、➡️下呂温泉 合掌村公式HPでご確認くださいね。

下呂発温泉博物館




「下呂発温泉博物館」は、全国でもめずらしい温泉専門の博物館です。

温泉博物館は道路から少し入った高台にあります。温泉街のほぼ中央あたりで、道を挟んでの駐車場や無料の鷺の足湯などもあります。

浮世絵の版画体験

(引用元:下呂発温泉博物館公式HP

下呂温泉の浮世絵を作ったり、温泉水のpHや塩分を測定したり、温泉細工や湯の華にさわったりさまざまな体験活動ができます。

  1. 下呂温泉の浮世絵をつくろう!
  2. 温泉のphや塩分を調べてみよう!
  3. 温泉細工や湯の華にさわってみよう!

私は、下呂温泉の浮世絵をつくりました。版画のように3回ほど色を重ねて、数分程度で完成しますが、とても綺麗にできて今でもお気に入りの一枚です。

スタッフの方がとても親切に盛り上げてくださり、楽しい時間を過ごすことができました。

公式HPはこちら➡️下呂発温泉博物館公式HP

ゆあみ屋で足湯・温玉ソフト

下呂温泉のガイドブックには必ず出てくる「ゆあみ屋」さん。

私は、足湯につかりながら、一番人気の「温玉ソフト410円」を食べました。下呂温泉で作られた温泉卵とソフトクリームをそれぞれ味わった後は、よく混ぜればカスタードクリームのような新感覚の美味しさに大変身します。癖になるような美味しさでした。

ゆあみ屋の人気メニュー

  • 温玉ソフト(410円)
  • 褒潤美肌温玉ソフト(460円)
  • ほんわかプリン(360円)

公式HPはこちら➡️足湯の里 ゆあみ屋公式HP

飛騨牛炙り寿司

こちらもガイドブックに必ず乗っている「飛騨牛あぶり握り寿司」です!

この「飛騨牛あぶり握り寿司」を販売する「肉湯島庵」は、下呂で60年の歴史を持つ老舗「天狗」の2号店だそうです。

私は、飛騨牛赤身にぎりを食べましたが、飛騨牛が口の中でとろけて、至福の時間でした。

  • 飛騨牛炙り握り寿司(霜降り・赤身・豚バラ)
  • 飛騨牛食べ歩きステーキ
  • 飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン
  • すき焼きコロッケ

遅い時間だと売り切れてしまうことが多いので注意が必要です。私も夕方に利用しましたが、最後の1皿だったようです。

こちらのお店の商品は以下から購入することができますよ。

立ち寄り湯

どこか大きな旅館の綺麗な温泉に立ち寄り湯に入ったのですが、どうしてもどの旅館・温泉だったのかを思い出すことができません。うーん。思い出したら、更新します。

私は利用しませんでしたが、下呂温泉には「温泉手形」という温泉のクーポン券のようなものがあり、3ヶ所ほどの温泉に格安価格で入浴することができます。次回、利用したいなと思っています。




お土産

「千寿堂」では、とちの実煎餅を実際に焼いているところを見学することができます。

100円の温泉まんじゅうを食べながら休憩していると、焼きたてのとちの実煎餅と昆布茶のおもてなしをいただきました。このとちの実煎餅がとても美味しくて、お土産にたくさん購入してしまいました。

ワイドビュー飛騨

帰りの電車の時間が近づいてきたので、JR下呂駅に向かいます。

ただ、最後の最後、電車の中をJR下呂駅で買おうと思っていたのですが、夕方だったせいか、駅弁、お弁当の類は何も残っておらず、近くにテイクアウトできるようなお店もなかったため、困りました。

温泉街にあるローソンまで戻るには遠買ったので、お土産に買ったとちの実煎餅などを食べながら帰る羽目になりました。

夕方以降、遅くに帰る人は、電車中でのお食事は早めに準備された方が良いかもしれませんね。

下呂の温泉街はとてもコンパクトなので、1泊2日で十分に回りきることができます。街歩きと温泉を楽しむという目的であれば、日帰りでも十分なほどです。本当に楽しかったです。

新大阪でたこ焼き

新大阪駅に到着すると、いつもどおりたこ焼きを食べて、お家に帰りました。

早くまた下呂温泉に行きたい〜!!さすが日本三大温泉というだけあります!本当にオススメの温泉街となりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする