【ベトナム】ハロン湾・DCホテル宿泊・朝食レビュー・体験談|HISツアー「ハロン湾とハノイ4・5日間」

2017年9月に、HISツアー「ハロン湾とハノイ4・5日間」に参加しました。その際にハロン湾で宿泊したDCホテルをレポートします。(追加料金を支払いデラックスホテルを指定しました。)

【世界遺産/1泊2日】欲張りハノイ!ハロン湾とバッチャン村+ハノイ市内観光と同じ内容です。

これからHISツアーを利用してハロン湾に旅行される方の参考になれば幸いです。

HIS 【世界遺産/1泊2日】欲張りハノイ!ハロン湾とバッチャン村+ハノイ市内観光

DCホテル

概要

  • 住所:No 08 ,Road 25/4, Hong Gai, Halong
  • 客室:80
  • チェックイン・アウト:12:00

館内設備

  • プール(屋内・屋外)・ジムフィットネス
  • レストラン・バーラウンジ
  • ツアーデスク・コインランドリー

私はいずれのサービスも利用しておらず、4トラベルさんHPを参考にしました。最新の情報はご自身でご確認ください。

客室設備

  • WiFi・テレビ・金庫
  • シャワー・バスタブ
  • 冷蔵庫・ミニバー

無料のペットボトルのお水が1人1本、冷蔵庫にも高くないお値段でお水やジュースが準備されていました。

スポンサーリンク

お部屋は広い

部屋が、踊れそうなほどに広いです。DCホテル自体は、決してリゾートホテルスティが楽しめる環境ではなく、日本のビジネスホテルのようなイメージですが、この広さはとても良かったです。

お部屋まではホテルの従業員の方が荷物を持って案内してくれました。愛想が良くて、気持ちよい従業員さんでした。

ハロン湾を眺める眺望

広いお部屋からは、ハロン湾が望めることができました。

しかし、いくつかの不満点もありました。

英語が通じない

「コーヒーをこぼしてしまったので、お掃除をしてほしい」とフロンドに電話をしましたが、日本語はもちろん、英語が通じない・・・。なぜ??

全く対応してもらえず、夕食のお迎えに来た添乗員さんに助けてもらいました。ハノイで宿泊したインターコンチ・ハノイでは全員に英語が通じたし、今回ハロン湾で宿泊したDCホテルもデラックスルーム指定の星付きホテルだったので、当然に英語が通じると思っていましたが。

少しでもベトナム語を勉強していけば良かったと反省しています。次回はホーチミンに行く予定なので、日常会話程度ベトナム語を練習したいと思います。

バスルーム

お手洗いとシャワー・バスタブが一つになっています。バスルームも広さは十分で、一見、何の問題も内容に思われました。

シャワーも可動式、水圧も問題なく、ドライヤーやアメニティーもきちんとそろっていました。この時点では、お部屋とバスルームの広さにるんるん浮かれていました。

朝からバッチャン村にハロン湾と移動も観光も盛り沢山な1日だったので、DCホテル到着後は汗を流そうと早速シャワーを浴びました。

『 な ん だ か

流 れ る 水 が 茶 色 』

あれ?私そんなに汚れてたっけ?と思いました。ハロン湾の船上で一日過ごしたので、茶色い汁が出るぐらい、私汚れたのかなっと思いました。

でも、なんだか違う!!!

シャワーから出る水が茶色いのです!

この時点で私のテンションはだだ下がりです。

速攻で髪の毛のシャンプーや体の泡を流して、バスルームを出ました。

そして、日本から持ってきたサラサラパウダーシートで全身を吹きました。しばらく言葉が出ないくらいに、落ち込みました。早くハノイのインターコンチに帰って、シャワーを浴びたいと思いました。

でも、良く考えてみれば、ハノイのインターコンチは100%外国人観光客向けのホテルです。おそらく今回宿泊したハロン湾のDCホテルも100%外国人向けのホテルでしょう。それでも茶色いシャワーが出るのです。

現地の人はどのような生活をしているのでしょうか。移動中のバスの中では、雨水をためるようなドラム缶を設置した住居がたくさんありました。

私は、外国人向けのホテルに泊まり、上っ面の観光地だけをみて、満足していた自分を反省したのでした。次回は、もっとローカルなハノイを探求してみたいです!

少しホテルで休憩した後は、ツアーのお迎えがきて、夕食に行きました。

関連記事ハロン湾での夕食レポート

夕食から帰宅してからは、ホテル周辺の散策とコンビニで夜食を購入しました。

近くにコンビニも

DCホテルのエントランスを入って、左側に小さなコンビニのようなお店があります。

ちなみに、ツアーコンダクターさんやホテルの従業員は「コンビニがある」と教えてくれるのですが、日本人の私たちが想像するセブンイレブンやファミマのようなコンビニではありません。小さな町の売店のような、病院の売店のような、そんなイメージです。私は、セブンイレブンのようなコンビニを想像していたので、何度もベトナムのコンビニを通りすぎてしまっていました。

ベトナムのコンビニには、ビールやお菓子などローカルな商品がありました。空港などで販売されているお菓子もとても安い価格となっていました。

商品に貼られている値段の見方が分からずに、ぼったくられないか心配しながら、お会計をしたのですが、何のトラブルもありませんでした。(おそらく)現地の方と同じ正規の価格で販売してくれたと思います。

ベトナムビールのバーバーバー(333)や乳飲料、確かスニッカーズみたいな外国産のお菓子を購入したのですが、外国産のお菓子が日本で買うよりも高かったです。

朝食

朝食会場

ビジネスホテルの朝食程度をイメージされた方が良いと思います。一通りのお料理は揃っており、その場で出来立てを作ってくれるフォーのエリアなどもありますが、インターコンチ・ハノイの朝食ビュッフェと比較すると雲泥の差です。

顧客も騒がしい中国人の団体などもおり、ゆっくりと過ごすことはできませんでした。

と言いながらも食べるものはしっかり食べたのでレビューしますね!

フルーツ

相変わらずフルーツが大好きです。パイナップル、パパイヤ、スイカ、グアバなどなど、鮮度やみずみずしさもインターコンチ・ハノイの朝食ビュッフェと比較すると劣ってしまいますが、美味しかったです。

フルーツのカットが可愛いですね。フルーツは比較的すぐになくなっていましたが、マメに補充されていました。

フォー

ベトナムハノイ旅行初のフォーをいただきました。スタッフの方が3名ぐらいで出来立てを作ってくれます。温かなスープが身にしみる、優しい味でした。

デザート

最後にはデザートをいただきます。写真にはありませんが、ホットコーヒーなどのドリンクと一緒にいただきました。

この他にも、品数は多くありませんが、サラダやホットミールなど、無難なメニューが揃っていました。

DCホテルでの朝食を終えると、ハノイに帰って市内観光です!ハノイ観光の定番スポットであるタンロン遺跡、ホーチミンちょう、一柱寺、ホアンキエム湖、ハノイ大教会、タイ湖に水上人形劇など盛り沢山な内容が続きます。次回のブログもお楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする